東京で催眠療法を行う心理療法研究室スアラロハニは、催眠療法をメインとした心理療法を行う女性のための完全予約制のセラピールームです。東京都豊島区要町にセッションルームを構えております。

日本催眠学会のご報告

東京大学本郷キャンパスで行われた第33回日本催眠学会にて、USPTのワークショップと発表を行いました。

1日に行われたワークショップはUSPT研究会理事長の新谷宏伸先生(本庄児玉病院 外来医長)に講義を、ゆうメンタルクリニック心理士の吉村素生先生に司会をしていただきました。当サロンの十寺はUSPT実技の説明とデモンストレーション(公開セッション)を担当いたしました。ご参加いただいた医師、心理士、セラピスト、心理系大学院生の皆様に実技演習を行っていただきました。

2日に行いました一般演題の発表では、人格統合法USPTを併用した催眠療法の事例を紹介いたしました。緘黙症(心理的な問題によって言葉が出ない、話がしにくい状態)を克服されたケース、USPTで統合には至らなかったけれども大きなトラウマを克服されたケースを取り上げて、従来の催眠療法にUSPTを取り入れたことによる変化を報告させていただきました。

 

おかげさまでUSPTのワークショップはとても好評で、他学会での講演のお誘いをいただいたり、たくさんの医師や心理士の先生方と交流させていただくことができました。

 

ワークショップならびに学術発表を通して、研究発表にご協力くださったクライアントのみなさまに改めて感謝の気持ちを感じました。私たちセラピストはみなさまの心のサポートを通して、勇気と感動を受け取ることができ、サポートする側の心の成長も促していただいていると実感しています。ありがとうございました。

p.s. 手に持っている学会パンフレットの表紙は十寺がデザインさせていただきました!