東京で催眠療法を行う心理療法研究室スアラロハニは、催眠療法をメインとした心理療法を行う女性のための完全予約制のセラピールームです。東京都豊島区要町にセッションルームを構えております。

前世療法の書籍の制作が始まりました

私のもう一つの顔はクリエイター。セラピストになる前には、グラフィックデザイナー、コピーライター、ライター業などが専門でした。いまは制作も心理、健康などに関するものを中心としています。

私の催眠療法の師、村井啓一先生が書籍『前世療法』を発行するため、前作の『悲嘆療法』引き続き、今回も編集・デザインを担当させていただけることになりました。とてもうれしいです。

 

実は、日本語で発行されている催眠療法の専門書はまだそれほど多くはありません。大学の図書館に探しに行きましたが、原書はあっても、日本語のものはすごく古いもの(半世紀前の技術とか)がほとんど。一般書はならあるけれど専門書はほとんど見かけません。カウンセリングの本は多いんですが、催眠療法はまだまだですね。大学で使用されている心理学のテキストなどでも、催眠療法をよく理解されていない先生方の記述を見かけて、ちょっとがっかりしています。私も今後研究報告や論文発表などで、催眠療法をきちんと理解していただけるように心理臨床家の方々に向けて情報発信をしていきたいと思っています。

 

今回、発行される『前世療法は』、開発の背景や歴史、前世療法の意義と目的、技法の解説などを体系的に学べる、催眠療法(ヒプノセラピー)を学びたい方やセラピストとして心理臨床にたずさわっている方に向けた書籍となるはずです。

  

この書籍の発行がセラピストの知識と技術を向上させる助けとなれば、クライアントのみなさまの利益につながる。そう願っています。