東京で催眠療法を行う心理療法研究室スアラロハニは、催眠療法をメインとした心理療法を行う女性のための完全予約制のセラピールームです。東京都豊島区要町にセッションルームを構えております。

前世療法で進路の迷いを解消

前世療法の体験談1

[22歳 男性 Dさん]
前世療法は、前世を見ると今の自分がどのように生きたらいいかというヒントが得られるということだったので、ちょうど大学卒業後の進路で迷っていたので受けてみました。
中世後期のベルギーで、政治活動をしている青年が見えました。幼い頃には力で人と争うことに興味を持っていましたが、少年時代に師にめぐりあい、物事の考え方や思想が世の中を動かすと思い始めます。
当時の為政者、王は力で民を支配しており、師のような考えを持つ人物を危険だとして処刑してしまいます。やがて自ら教師となり学生を育てることで、賛同者を増やしていき、王に直談判に行きますが、捕われてしまい、自分を助け出すために多くの同志が代わりに処刑されることに。数えきれないほどの人数で、あまりの犠牲の大きさに愕然としました。 もはや説得は無理だと思い、王を暗殺する瞬間、自分は護衛の兵士に殺されました。
上から自分の死んだ場面を見ていると、王も絶命したようでした。とにかく、思いは遂げたと満足感を感じながら、中間生に向かいました。
魂の行くべきところにいくと、それは真っ白な世界でした。迎えてくれたのは処刑された先生と、犠牲になって死んでいった同志たち。その表情を見てみると、みな悲しそうな顔をしていました。それを見て、王を暗殺することはできたけれど、結局最後まで自分の考えを受け入れてもらうことはなかったのだということに気付きました。
世界を変えるっていうことは難しい。それを成し遂げるためには、もっと世の中を勉強して、それに自分の考えをプラスして伝えることが必要だったのです。
次に生まれ変わったら、人に分かってもらえなくても、自分を信じて自分を通して生きたいと思いました。