東京で催眠療法を行う心理療法研究室スアラロハニは、催眠療法をメインとした心理療法を行う女性のための完全予約制のセラピールームです。東京都豊島区要町にセッションルームを構えております。

ソマティック・ヒーリング

体細胞療法とも呼ばれる技法

体の不調にアプローチする癒しの手法

病気になったり痛みが出たりしたときに、その病気と話し合いができるとしたら、あなたは何を聞きたいですか?どうして病気になったのか、どうすれば良くなるのか?患部や病気にそのものに語ってもらえるならなんと便利なことでしょう。

体や病気、症状と対話するヒプノセラピーの技法は、ソマティック・ヒーリングと呼ばれます。

病気を人物に見立てて話し合いをしたり、体の器官を部屋に見立てて中に入ってみたりすることで、自分なりの解決法を探ることができます。

ソマティック・ヒーリングとは

ソマティックヒーリングは、体の不調にアプローチする催眠療法の技法です。

催眠状態でボディーワークやイメージワークを用いて病気の患部に向き合ったり、自己治癒エネルギーを呼び覚まし、ご自身の抱える問題症状の裏に潜んだ意味、潜在意識からのメッセージをご自分で突き止めて自分自身を健康な状態へと導く癒しの技法です。

アメリカで生まれた技法です

米国カリフォルニア州サンタローザでアルケミー催眠協会を運営しているデイヴィッド・クィグリー氏がボディ・ワーカーのニック・アーダー氏の協力を得て考案した癒しの方法論です。

クィグリー氏はデューク大学で比較宗教学とトランスパーソナル心理学を修了。その後、カリフォルニア州にあるヒプノセラピー・トレーニング・インスティチュートで催眠全般を学びました。クィグリー氏はゲシュタルト療法、プライマルセラピー、グループプロセス、ユング心理学、エリクソン催眠、臨床催眠、NLPなどに精通しており、サンタローザでの個人セッション以外に、米国、ヨーロッパを始め各国で催眠関連の講演会、講習会を開催しています。

当サロンでできること

当サロンでは、そのクィグリー氏の技法とKM法(村井啓一メソッド)を織りまぜたセッションを行います。

場合によっては、複数のセラピストや協力者を必要とする技法を用いることもございますので、どのようなお悩みか事前にご相談いただくことをおすすめいたします。複数の方々からの愛のエネルギーを受け取ることもできるので、ソマティック・ヒーリングは「愛の技法」とも呼ばれます。