東京で催眠療法を行う心理療法研究室スアラロハニは、催眠療法をメインとした心理療法を行う女性のための完全予約制のセラピールームです。東京都豊島区要町にセッションルームを構えております。

スアラロハニとは

スアラロハニは完全予約制の心理療法のサロンです

スアラロハニは、東京都豊島区にあるヒプノセラピー(=催眠療法)をメインとした心理療法を行う女性のための完全予約制のセラピールーム(MTFを含む)です。現在のところ、男性は紹介のある方しか受け付けておりません。

当セラピールームでは、前世療法悲嘆療法、ソマティックヒーリングなどのヒプノセラピーの各種技法、USPT音叉療法なども組み合わせて、クライアントのみなさま一人一人に合わせたセッションを行っています。

また、横の連携を大切にしておりますので、必要に応じて各種技法に特化したセラピストや、医療機関などもご紹介させていただきます。セラピーの内容については守秘義務を厳守しておりますので、ご安心してご利用ください。→守秘義務の内容はこちら

施術時間は午前10:00−17:30です。施術日は予約ページのカレンダーにてご確認ください。

スアラロハニという名前の由来

スアラ(suara)は声、ロハニ(rohani)は魂を意味するマレー語(インドネシア語)で、みなさまの潜在意識に語りかけるセラピストの声と、潜在意識につながったクライアントのみなさまが語る声をイメージして名付けました。

ここでいう「魂」とは、精神=Spiritのこと。心や気持ちといった心理的なものとは別に、Spiritに関わる悩みもあると考えます。自己存在そのものに関する悩みや苦しみは「スピリチュアルペイン」と呼ばれており、当セラピールームでは心に関する問題だけでなく、そうした存在そのものに関する揺らぎも取り扱います。

また、心理療法、メンタルトレーニングをご希望される方を対象としておりますので、特定の宗教や霊感セラピーなどとは一切関係ございません。

「心理療法研究室」とさせていただいたのは、ベースとした催眠の技法に、USPT、自我状態療法、認知行動療法、TFT、音叉療法、カウンセリング技法などを取り入れながら、クライアント様一人ひとりに合わせたセッションを行っているからです。加えて、皆様への施術から得た知を、技法の洗練や新しい技法の開発に結びつけたり、学会や研究会などで発表し、専門家の知の共有に貢献するために日々学ばせていただいております。 

スアラロハニの考え方

心や体の問題を解決する力は、みなさまの潜在意識にあります。セラピストの役割は、みなさまの気持ちに寄り添い、潜在意識の力を引き出せるようにすること、みなさまの中にある素晴らしい可能性を引き出すことだと考えています。

催眠で潜在意識にアプローチすると、前世や胎児期に退行するなど、不思議な感覚やイメージに出会うことがありますが、そこに魂の学びなどスピリチュアルなものを認めるのか、イメージワークによる脳内変化とだけ解釈するかは、みなさまご自身の価値観によるかと思います。

潜在意識とは各人の脳内にあるものなのか、ユングのいう集合的無意識あるいはエドガー・ケイシーがアクセスしたアカシックレコードのようにクラウド的に存在するものなのかについても、それぞれに解釈があることでしょう。

どのような受け止め方をされたとしても、癒しを得られることには変わりありませんし、みなさまの大切にしている宗教や文化を否定する必要は一切ありません。大切なのは、今ここに生きているみなさまの毎日が、より素晴らしいものになっていくことです。

[十寺智子]


会社情報

会社名 有限会社スアラ
店舗名称 心理療法研究室 スアラロハニ
担当者名 十寺 智子
所在地 東京都豊島区要町1-27-16 佐藤ビル203号室
お問い合わせ先 suara-rohani@suara-co.jp
電話番号

03-5939-8835 / 080-7008-1570

※3日以内の予約のキャンセル、当日のご連絡はこちらにお願いします。

※営業・勧誘は一切お受けしておりませんのでご理解ください。